anti-ReaL

雑記諸々と時折アニソン、ガジェットとか

アニソンレビュー:『JINGO JUNGLE』MYTH & ROID たまらんインダストリアルロック

 オーバーロードEDL.L.L.」の衝撃的なデビューから、瞬く間に新曲はまだかまだかと(主に僕に)渇望されるアーティストとなった彼女ら MYTH & ROIDの新曲、『JINGO JUNGLE』が発売された。

 

 のだが、

 

 【MV】MYTH & ROID - JINGO JUNGLE (OFFICIAL / Short)

 

 

 いやー、どうすんのこれ。ヨーロッパの人らが見たら怒られちゃうんじゃないの、と。

 先行公開されたPVから、ほんっとリリースが待ち遠しかった。見ましたか、このケレン味、どう見てもアレな軍服、たまらない。

 だいたい曲名からして、韻を踏みつつタイアップを意識した「イカれた愛国者たちの無法地帯(意訳)」的な意味合いを持たせているのがカックいいったらありゃしないのですよ。

 

 さて、作曲者にしてメンバーの一人であるTom-H@ck氏曰く、この曲のジャンルは、ずばり「インダストリアル・ロック」だそうだ。

 確かに幼女戦記という作品を彩るに当たり、頭のイカれた(褒め言葉)Nine Inch NailsMarilyn Mansonらが世に送り出してきたヘヴィでダークなジャンルを選択する所に、氏の音楽性の高さというか、バックグラウンドの豊かさが如実に表れている。

 

 その証拠に、

 

 ご本人自ら述べている通り、Bメロ後半からサビにかけて、裏でコカコンココと囃し立てているコンガが憎い。小気味よいリズムが狂気を更に駆り立て、狂喜に至らしめているのだ。この脳内麻薬ドバドバの勢いのまま、ボーカルのMayuが吠える吠える。獣じみたと度々繰り返される歌詞に、獣はあんたでしょとツッコミたくなることこの上ない。

 

 「L.L.L.」、「ANGER/ANGER」に続く「JINGO JUNGLE」。

 このダークでヘヴィなら任せろと言わんばかりのMYTH & ROIDの今後の路線にも期待せざるを得ない。4月には待ちかねていた1st Albumの発売も控えており、ダークか。はたまた「STYX HELIX」のように心に染み入るのか。いったいどんな曲が来るのか嬉しいことに全く予想がつかない。

 いずれにせよ、こちらも迎え撃つ準備をしないといけないようだ。

 

 それはそうと、毎回歌詞を公式サイトで親切に公開されているが、耳コピしてからの答え合わせでマジかよと頭を抱えるんですよ。

 ホルモンで鍛えた耳を持ってしても全く歯が立ちましぇーん。

 

 ではまた、戦場で←

 

JINGO JUNGLE

JINGO JUNGLE

  • MYTH & ROID
  • アニメ
  • ¥250